読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年は自分に対する言葉で気持ちをエスカレートさせる。「ネガティブワード封印」と「自画自賛ケア」を意識。

僕は決して気持ちの切り替えがうまい方だと思いません。
しかし、ルールを1つ決めています。

それは安易に口を出さないことです。
不思議なもので、言葉として口に出すと、気持ちがエスカレートしてしまう気がするのです。

たとえば、「あのカーブに手を出すんじゃなかった」という思いを口にしてしまうと、もうその思いから離れられなくなってしまいます。

「不動心(松井秀喜)」より。

 

この松井氏の言葉のように、たしかに「言葉」は口に出してしまうと自分自身の思考や気持ちに変化を与えて、後々その言葉に引きずられてしまうほどの大きな力を持っている。例えば第三者と議論している時にも、過去の自分の発言に捉われてしまい上手く意見が訂正出来なくなったりすることもあるだろう。この言葉の影響は第三者との議論だけではなく、自分にかける言葉も同様であり、無意識のうちに自分の気持ちに影響を与えているかもしれない。


新年を迎え、誰もが皆少なからず今年はどうしようかと考えていることだろう。

目標を決めたら、地道にやり続けることが大事なのだけどコツコツとモチベーションを維持しながらやり続けるのはとても大変なことだ。「どうしたら続けられるか?」「三日坊主にならないためにどうするか?」は人それぞれやり方、考え方があると思う。

目標設定を最初にカチッと定め過ぎず、ゆとりのあるプランにすることや定期的な見直しを行うことで対処する方法もあるだろう。ただ目標自体のPlan・Do・Seeだけではなく、自分の内面、「実行し続ける」ための日々のモチベーションコントロールも大事だ。


私はこれまであまり考えてこなかった「自分自身に対する言葉の影響力」を今年は意識してみたいと思う。具体的には、

「ネガティブワード封印」「自画自賛ケア」の二本立て。


「ネガティブワード封印」は、なんでも安易に口に出さないのではなくて、「こんな目標は間違っていた」とか「もうダメだ」のようなネガティブな言葉を安易に口にしないようにすること。自分の意識が知らず知らず負のサイクルにならないように。目標達成が難しければ「優先順位を見直して、再設定しよう」として、自分に向けて言葉を発するならあくまでも前向きワードにしようというもの。


反対にポジティブワードはガンガン発信していく。「俺、また今日もミス無く、仕事をやり切ったぜ」でも、「また今日も予定通り単語帳の暗記を終えたぜ」などなんでもいい。自分の気持ちをプラス方向にエスカレートさせるように。もちろん第三者に言ってしまったらただの自慢バカになってしまうので自分の中でだけの独り言だけど(家族位ならいいかな)。これがもう1つの「自画自賛ケア」


自画自賛ケアについては私はちゃんとは読んだことは無いのだけど、70歳にして美肌を維持されていて美容アドバイザーをされている佐伯チズ氏の「美肌革命」に参考になる部分がある。以下、引用。

コスメカウンターやエステサロンには必ず鏡が用意してありますが、多くの女性がきちんと鏡を向き合うことをしません。照れくさいのか鏡の前でためらったり、仮に鏡を覗き込んだとしても、「いやだ、シワがすごい」とか「肌がボロボロだわ」とか、欠点ばかりに目がいってしまうようです

 

もっとも、人前だから恥ずかしいという気持ちもあるのでしょうが、自分の家では毎日必ず正しく鏡を見て欲しいと思います。

 

そして、その日の肌の状態によって化粧品を選ぶのはもちろんですが、そこでアラ探しをするのではなく、例えば、前日にパックをして肌の調子がよければ、「あら今日の肌、ちょっといいじゃない」と自画自賛するのです。

 

自分をその気にさせる「自画自賛ケア」は、美容のためにはとても大切なこと。自分の顔の欠点はあまり決め付けない方がいいのです。

 

よく女性が女優がアイドルを見て、「こんな顔になりたい」「あの人みたいなパッチリとした目に生まれたかった」などと言いますが、そんな願望はナンセンスです。もちろん憧れの女性がいるというのは、素晴らしいことです。でもそれはその人の生き方や立ち居振る舞い、言動などに魅力を感じるということで、顔の造作というのは人それぞれで、真似のしようがない。

 

私は最終的に、自分を熟知していてその人らしく振舞える人が美しいと思うのです。

これはスキンケアに限ったことではないだろう。
自分をその気にさせる「自画自賛ケア」は、物事に対して前向きに取組める大切な方法に成り得る。私自身、現時点では能力や知識が足りないことは山ほどあるが、それは決して恥ずかしいことではないので、自分を熟知し一歩ずつ成長していくために気持ちから高めていくことが、自分の活動に良い影響を与えることは間違いないと思っている。
 

美肌革命 ―お金をかけずにきれいになる―

美肌革命 ―お金をかけずにきれいになる―